本文へ移動

設立の経緯・沿革

沿革

昭和49年11月11日
川崎市公害健康被害補償事業の成立
  1.過去分補償
  2.新法の施行に伴う不利益分の補填
  3.専門施設の建設
について、川崎市長と公害健康被害者代表並びに関係企業43社との間に確認書を調印する。
昭和49年12月15日
横浜市公害健康被害者保護事業の成立
  1.過去分補償
  2.新法の施行に伴う不利益分の補填
  3.専門施設の建設
について、横浜市長と関係企業19社との間に合意が成立する。
昭和50年8月1日
横浜市公害病センター基本構想検討協議会の発足
 50年11月14日 報告書が提出される。
昭和51年1月23日 
川崎・横浜両市長、公害保健センター(仮称)の共同建設について合意
 基本的事項
  1.設置場所  川崎市川崎区日進町23番地
  2.施設規模  約1,500㎡
  3.施設内容  ①検診、研究施設
          ②保健福祉施設
          ③応急医療施設
          ④データ管理施設
  4.開設時期等51年度中着工、52年度開設を目途
昭和51年6月30日
公害保健センター(仮称) 川崎市建設検討協議会の発足
   51年11月1日 報告書が提出される。
昭和51年7月6日公害保健センター(仮称)開設準備事務局の設置
昭和51年8月12日
公害保健センター(仮称)の建設に係る川崎・横浜両市合同社長会の開催
 当該事業にかかわる財源負担等につき、企業の最終的了承を得る。
昭和51年11月16日
公害保健センター(仮称)共同建設協議会の開催
 52年1月10日 報告書が提出される
昭和52年1月10日財団法人 川崎・横浜公害保健センターの設立許可申請書の提出
昭和52年2月10日財団法人の設立
昭和52年3月23日着工式
昭和53年2月20日落成式挙行
昭和53年4月1日業務開始
平成24年2月1日公益財団法人川崎・横浜公害保健センターに移行
公益財団法人
川崎・横浜公害保健センター
〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町23番地
TEL.044-211-0311
 FAX.044-211-0312

────────────
・医学的検査
・呼吸器健康相談
・呼吸機能訓練教室
0
3
0
9
4
4
TOPへ戻る